東京 春のコーラスコンテスト2016 春こん。

2017年02月25日(土)浜離宮朝日ホール

Gemischter Chor TOKYO
間宮芳生 曲 / 青森県民謡
 おぼこ祝い唄(12のインヴェンション)より

信長貴富 曲 / 大阪・青森・熊本地方の子守歌 
 三地方の子守歌(七つの子ども歌)より

指揮:岸 信介
フォルクロア部門混声 3位銅賞(1、2位なし)

審査員:片山みゆき、鈴木成夫、武田雅博、藤原規生、彌勒忠史

 今年は、ゲミとしては初めてフォルクロア部門に出場しました。あまり岸先生のイメージにないかもしれませんが、12のインベンションは、お気に入りのレパートリーでもあります。自分としては、ここ2年仕事の隙をぬっての出演でしたが、今年はなにも問題なく本番を迎えられました。

 「おぼこ祝い唄」は名曲ですね。日本民謡調の部分と、ルネサンス・ポリフォニーを思わせるところと見事に調和していると思います。歌い手としては、そこの切り替えがなかなか上手くいかなかったりします。信長さんの「三地方の子守歌」は「天満の市は」「寝ろじゃ寝ろじゃ」「五木の子守唄」がうまく組み合わさっています。どちらも、ディビジョンがあるわけではないですが、ユニゾンの統一や歌心が試されます。

 結果は1位2位なしの3位銅賞でした。審査は、例年通り絶対点の評価ですが、基準が切り下げられて、厳しくなりました。おかげで、入賞団体なしの部門声部が続出しました。この日は、3位銅賞以上はありませんでした。(翌日は銀賞はでました)厳しい評価でしたので、成績発表は盛り上がりませんでしたが、このほうが、今後の励みになるようにも思います。

 同日かいさいされた、ジャズ・ポップス部門の審査員だった、トライトーンが1曲歌ってくれた時が、この日の成績発表で盛り上がった瞬間でした。

審査方法(出展:東京都合唱連盟HP)
各審査員が『音程』『リズム』『演奏解釈(様式観)』『発声および声のブレンド』『表現』の各項目20点、合計100点満点で評価をします。

17〜20点 excellent
13〜16点 good
8〜12点 normal
4〜7点 below the level
0〜3点 poor
『音程』 『リズム』 『演奏解釈』
(様式観)
『発声および声の
ブレンド』
『表現』 合計
 /20  /20  /20  /20  /20  /100



上位から第1位、第2位、第3位が授与されます。ただし、以下の基準に達しない場合は該当なしとなります。
平均85点以上で第1位の資格、平均80点以上で第2位の資格、平均75点以上で第3位の資格